iPhoneの管理を容易にするitunes

スマートフォンを日常的に使用する人は非常に多くいますが、機器の進化により、その機能や性能は年々向上していっています。そうした事から、内部に搭載されているストレージ容量も大容量化が進んでおり、端末に保存できるデータの量も格段に多くなっています。

そのため、端末を買い替える際や、内部のデータのバックアップを保存するにはパソコンなどと接続し、内部のデータをパソコン上のHDDなどに保存する必要があります。



こういったことはiPhoneにおいても同様で、特に最新の機種になるとストレージの容量が最大で128GBと、これまでのiPhoneと比べてもその容量は非常に大きなものとなっています。

iPhoneをパソコンと同期させ、バックアップを行うには、専用ソフトであるitunesを使用する必要があります。

itunesはApple社純正の端末管理ソフトで、バックアップを保存するのはもちろん、音楽や動画、写真などのデータを端末とパソコンで自由にやり取りすることができるものです。



しかし、このitunesも、バージョンによっては不具合が頻発することも多く、特にwindowsを搭載したパソコンとはたびたび相性が悪いことがあります。そこでitunes以外にiPhoneを管理することができるソフトを利用するのも有効な方法です。

itunesほどの機能は無いものの、起動が速かったり、ファイルを直接的に操作できることが可能なため、itunesの補佐的に利用するのも一つの方法です。